GENコンサルティング事務所

gen_rogo.pnggen_rogo.png


お問い合せ:info@gen-consul.com   

HOME > ご挨拶

西元知基日本経済は、1950年代から60年代にかけての「高度成長期」、70年代から80年代中頃までの「安定成長期」、80年代後半の「バブル期」、90年代の「長期不況期」を経て、現在、「成熟期」に達していると考えられます。

この「成熟期」では、経済が成長するペースが鈍化しており、かつてのような「作れば売れる」という時代とは全く状況が変わってきています。また、グローバル競争の激化、人口減少など、今まで経験のない変化が起こっていることは周知の事実です。

「今の混迷の時代、今まで通りのやり方ではダメだ。発想の転換が必要だ。」が決まり文句のように言われています。

ではどのように発想を転換すればいいのでしょうか?

大本とすべきは、やはり「お客様にどんな価値を提供するか」です。価値とはすなわち、お客様が選ぶ理由、と言い換えることができます。「○○だから助かっている」「○○だから次も買いたい」という“○○”のことです。

そして、この「価値の源泉をどのようにつくっていくか」が重要です。それには、お客様のニーズや競合などの外部環境、自社の強みや弱みなどの内部環境を把握し、課題を整理した上で、具体策を打っていく必要があります。

当事務所は、御社がお客様に提供する価値の源(GEN)泉を見出し、その価値が継続、進化する仕組み=遺伝子(GEN)を作り、経営者のみなさん、働くみなさんが元(GEN)気になることをお手伝いさせて頂きたいと考えています。そして、これは代表者である私のライフワークです。

代表者